ガリバー、あっと言う間に終了

ガリバー、あっと言う間に終了

ガリバー13
亡くなった父の車をガリバーで売りました。急に亡くなったので、母親は寝込み、私は精神的ショックも大きい上に、やることが山積みで呆然状態でした。駐車場の解約や車検のタイミングもあり、誰も乗らないので早めの処分を決意。業者をアレコレ選定する気力はなく、聞いたことある、ただそれだけでWebサイトをチェック、ざっと見ただけで流れはわかったので夜中にメール。そこからはとにかく早かったです。

 

翌日には返答、すぐに担当者が来て査定、合意したらすぐに終了、振り込み。私は会社員だったので査定や引き取りは週末だったのですが、トータル二週間程度だったと思います。担当者は二十代後半くらいの若い男性でしたが、背筋もぴしり、堂々、ハキハキとしてスーツもキチンとしていましたが、いかにも営業トレーニング受けてるようで、好感を持たれる感じではありませんでした。
ガリバー14

所有者は父だけど亡くなったので、というのも、ああそうですか、みたいな感じでした。査定の結果は説明されましたが、正直意味や根拠はよくわかりませんでした。とにかくアクションは早く、まさにハヤテのように現れ、車とともに去っていきました。

 

エンジンがあまりよくないのが主な理由だそうで、ほんとに二束三文でした。後で知人には値段に驚かれたので、まあ安かったのだと思います。ガリバーの担当者は全てに事務的で立て板に水、みたいに整然と話してましたが、古い外車で変わったハデな色に塗装していたので、関西のオークションで好きな人がいそうです、と言ったのが、唯一ちょっと感情もあるようなコメントでした。
ガリバー15
知人には、ビンテージの専門ディーラーとかもっと探せばいいのに、とか言われましたが、当時はそんな精神的な余裕はありませんでした。車の処分はそのへんに捨てるわけにもいかず、ものすごく早く、簡単に済んだので良かったと思っています。トップページ